2/14/2018

袋帯 遼代シリーズ


齊藤織物 謹製 遼代 双鷹丸文 袋帯

地色は薄いクリーム色で、柄は”遼”時代の古裂を再現した双鷹丸文様。
遼とは今の内モンゴルあたりに栄えた征服王朝(900年~1100年頃)で、
最初の異民族王朝であった。
鷹丸文は遊牧民特融の柄で、周りは宝相華で飾られている。


”遼代裂”では金襴も有名であり、薄いなめした革に金箔を塗り細かく裁断し
織り込んだ金襴は煌びやかで、当時の文化を象徴している柄です。